・HV車(大型ウイング)の導入から完成までの過程について

トラックの車両購入計画(代替計画)から稼働するまでの流れ

代替計画 ~ ①仕様打合わせ ~ 見積・仕様書確認 ~ 発注 ~ ②車両製作(架装)~ ③車両検収 ~ 納車 ~ 内装品(電装系)取付 ~ 稼働

*代替計画から稼働までは約6か月の時間が掛かります 


① 仕様打合わせ(シャーシや荷台架装、安全装置の確認など)

2021年1月9日に打合せを実施

打合わせ参加者は、社長・乗務予定運転手・鹿沼車両担当・配車担当。

自動補助ブレーキ・ドライバーモニター・車線逸脱警報などの安全装置の確認。

最大積載量の確認・荷台床の確認・タンク容量の確認など、細かな部分も打合せします。


②-1 車両製作(架装)

シャーシ(未架装車)

2021年5月25日、シャーシ(未架装車)が車両製作の為、日野自動車から

(株)パブコ/相模工場(神奈川県海老名市)へ入構


②-2 (株)パブコ/相模工場での車両製作(架装)過程

                                    

シャーシ(未架装車)が様々な工程を経由し、車両(ウイング荷台など)が製作(架装)されていきます。


③ 車両検収

打合わせ通り、車両製作が進んでいるか、完成2~3週間前に、工場を訪問し確認します。

今回の大型ハイブリッド車は2021年6月26日(土)に工場訪問をしました。

問題なく車両製作が進んでいましたので、7月16日(金)に納車、7月19日(月)に稼働開始が決まりました。

また、数が少ない大型ハイブリッド車になりますので、7月19日(月)に鹿沼営業所にてお披露目会を

開催予定となっております。